トイレに異物を流した場合に、心配を解消する為の3つの確認

頭を抱える男性の写真 トイレ詰まり

もしも不注意でトイレに異物を流してしまった場合、
取り敢えずラバーカップ(スッポン)を行うという方は
注意してもらいたい。

ラバーカップ(スッポン)を行うことで異物が便器を通過した場合、
便器は正常に流れるようになり、一見トイレつまりが直ったように見えます。
しかし便器を通過した異物はその後、排水管の詰まりに発展してしまい
トラブルが悪化してしまうことがあります。

「え?ラバーカップもぅやっちゃったーどぅしよう><;」と心配な方は、
以下の心配を解消する為に必須の3つの項目を確認してください。

トイレに異物を流してしまった(状態の確認)

くどいようですが、トイレットペーパーでトイレが詰まった場合の対応としては
ラバーカップ(スッポン)を行うのは正解なのですが、
溶けない異物を流してしまった場合は絶対にラバーカップ(スッポン)を行ってはいけない。

ラバーカップ禁止の写真

排水管はエルボなどで何カ所か曲がりがあることが普通で、
曲がりが一切なく、最後までストレートになっていることは無いことから、
曲がり部分でまた引っかかってしまうからです。

この方法は溶けない異物を流してしまった時に行いたい対応方法です。
トイレットペーパーでトイレが詰まったという方は
こちらの方法で解決してください。↓

無理は禁物です!トイレが詰まったら行う対処と2つの注意点
急にトイレが詰まったら、パニックになってしまいがちですよね。 無理に詰まったトイレを流そうとして、トイレが溢れて水浸しになったり、 直すつもりが逆に悪化させてしまったりしたことはありませんか? 間違えた対処はトラブルを悪化させるだ...

詰まった場合

絶対ラバーカップは行わないで、素直に水道局指定店に修理を依頼しましょう。
「豆知識でも何でもないじゃない」「自分で直す方法が知りたいんだよ」と
聞こえてきそうですが、トラブルの状態に応じた対応をするのが一番です。

異物は便器内部で引っかかってくれている方が
排水管から異物を除去するより簡単ですし、修理代金も排水管よりは安くつきます。

自分で直そうと無理をして悪化させると、その分修理代も損します。
100%水道局指定店に依頼しましょう。

詰まらない場合

よく頂くご相談で、
「流した異物が5cm位の物でトイレが詰まらない」
「流れているけど、後から大変なことにならないか心配」
という相談をされることがあります。

こういった場合も水は流さず、ラバーカップは行わないようにするのが吉です。
ここでは、後で大変なことにならないか判断する方法、
水道局指定店に依頼した方が良いか判断する方法をまとめています。

トイレに異物を流した場合、便器を通過してしまった場合(詰まらない場合)でも、
今後のことを考えると異物は除去しておきたいのが正解です。
以下は小物などの場合です。作業は自己責任でおねがいします。

水を流す前でラバーカップをしていないケース

トイレの外に排水マスがあるはずです。
こちらを開けて流れる方向に、スコップなどを排水マスに差し込んでおきます。
これは異物が便器を通過した時に、排水マスで異物を除去する為に行う準備です。

水を流してしまった。ラバーカップもやってしまったケース

このページを見る前に、すでに水を何回も流してしまった場合や、
ラバーカップを何度もやってしまったという場合、
異物は排水マスを通過してしまっているかもしれません。

その場合、トイレより下流にある排水マスにもスコップなどを差し込んでおきます。
これ以上、異物を先に進めないために行う準備です。

マンションなどの集合住宅

集合住宅などではこの準備ができませんので、次の通水テストを行ってください。

集合住宅などでは縦管になっており、他の住人に迷惑をかける場合があります。
流した物がはっきりわかる場合で、小物以外(携帯電話などの大きさ)のものは
絶対にこの作業を行わないでください。
作業を行うときは自己責任でおねがいします。

通水テストを行う

上記の準備が出来ましたら、通水テストを行います。

トイレットペーパーをゴルフボール大に丸めてください。

ゴルフボール大に丸めたトイレットペーパーの写真

これ位の大きさで7つ作ってください。量的にはこれ位です。↓

丸めたトイレットペーパー7つ分の写真

通水テストのため、7つ一気に流してみます。これを2~3回繰り返してみます。

ボールペンなどの細いものを流した場合は、この通水テストを行うことで、
完全にトイレが詰まりますので、便器内部に残っているかどうかが確認できます。

一回通水テストをしたら必ず排水マスの状態を確認しに行きます。
できれば2人で作業して、1人はトイレから通水テストを行い1人は排水マスで
流れてくる様子を確認しておくのが良いでしょう。

通水テストで詰まった場合

無理をせず、水道局指定店に修理依頼しましょう。

通水テストで流れた場合

スコップを差し込んだ排水マスを確認してみましょう。
流れたのであれば、トイレットペーパーがスコップに引っかかっているはずです。
異物が一緒に引っかかっていたら、排水マスから異物を除去しましょう。解決!

スコップを差し込んだ排水マスを確認してトイレットペーパーも流れてきていない場合は、
便器内部で異物にトイレットペーパーが引っかかって、残っている可能性があります。
この場合無理をせず水道局指定店に修理依頼しましょう。

トイレットペーパーだけで異物が無い場合は、
異物が第一の排水マスより先に進んでいる可能性があります。
この場合、トイレから一番近い排水マスからバケツなどで一気に水を流します。
ドッバーと!
下流の排水マスに差し込んだスコップに異物があれば取り除きます。解決!

下流の排水マスに何も無い場合

何もないからといって異物が流れきったとは言えませんが、
異物が流れきった事をただただ祈って様子を見てください。

便器を通過してしまった異物だけを排水管で取り除くのは難しいです。
というより管内カメラ調査するだけで3万以上することが多く、経済的ではありません。
それなら、排水管が詰まるのを待って、高圧洗浄で排水管内部の異物を便などの重みと一緒に、
一気に流す方が経済的です。

他人に迷惑が掛からないか心配

最終的には(特にマンションやアパートでは)他人に迷惑が掛からないかを
心配される方が一番多いと思います。
もし他人に迷惑が掛かるかもと思ったら、前もって保険の確認をしておくといいでしょう。
不注意で起こったトイレつまりなどは保険が効くケースもあります。
前もって確認しておくことで、もしもの時に慌てなくて済みます。

この保険は、火災保険や自動車保険に知らないうちに特約として入っているケースがあります。
個人賠償保険です。保険の契約内容によって適応されるか適応外になるかがありますので、
前もって自分の家のケースで保険適応されことを確認しておけば精神的ストレスも軽減されると思います。

トイレに異物を流した場合、一番心配されるのが
今後、大変なことにならないかということです。
この記事で少しでも心配を軽減でき、
正しい判断材料になったならシェアしていただけるとうれしいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
トイレ詰まり
ウォーターワークス

コメント

    トップへ戻る