トイレの正しい節水 間違った節水を知る事はトラブルの回避に繋がる

節約をイメージさせる小銭入れの画像 水道料金

一般家庭の中で節水するといえば、真っ先に思い浮かぶのはトイレという方は多いのではないでしょうか?普段業務で 一般家庭にお伺いすると 結構な頻度で、間違えた節水をされているご家庭に出会います。

もともと節約するために行っている節水が原因で、トイレつまりが起きてしまうと、節約するはずの水道代より高い修理代を支払うことになってしまいます。トイレが詰まる イコール間違えた節水をしているとは言い切れませんが、正しい節水・間違った節水を知る事で、 余計なトラブルを回避し、ガッチリ節約していきましょう。

間違ったトイレの節水

節水など興味がないという方もいらっしゃるかもしれませんので、この記事の結論(トラブルに繋がる節水)から見ていただきたいと思います。

*「何も節水対策はしてません」と言われるご家庭でも、以前住まわれていた住人の方が間違った節水をしていることもありますので、次の2つを確認しておく事をおすすめします。

トイレタンク内部の異物

目的:トイレタンク内部の水を減らして節水する。

トイレタンクとペットボトルの写真

一昔前では、レンガ・ビール瓶などをトイレタンク内部に入れることで、トイレタンク内部の水を減らそうという節水方法です。最近では、ペットボトルを見かける事が多くなってきましたが、トイレタンク内部の水を減らす事は全て間違った節水方法になります。もし、最近引っ越ししたばかりだという方は、念のためトイレタンク内部を確認してもらいたい。

フロートに取り付ける節水商品

節水弁の画像

目的:トイレタンク内部の水を全部流さず節水する。

トイレタンク内部にペットボトルなどの異物が入っていなくてももう一つ確認しておきたいのが、フロートバルブに取り付けるタイプの節水弁などです。

こちらは、レバーをひねると開閉するフロート(ふたの役目)に重りを取り付けるタイプのもので、トイレタンク内部の水を全部流さず、半分位の水位を残すことで、節水するというものです。高いものでは2,000円もするものがあります。

また、節水タイプの便器には注意が必要です。

この節水弁の注意書きを見ると、「※日本製節水機能付・節水器付タンクにはあまり効果はありません」と書いてあるものもあります。 これは、個人的な意見だと強調しておきますが、「効果はありませんというより、やってはいけません」節水型でなくてもやらない方がいいです。

間違った節水のまとめ

間違った節水方法を2つ見ていただきましたが、どちらも排水量を減らす事を目的にされています。なぜこれが間違えているのか次に示します。

各メーカーは、それぞれの便器で流水テストを行っています。

排水というのは、ただ便器から汚物を流せばいいというわけではなく、便器を出たのち排水管を通って10メートル以上流さないといけないという基準があります。

出典:誰でも簡単にできる水道料金の節約術を3つご紹介します

便器によって、10m以上 排水を流すための水の量は違います。メーカーが繰り返し流水テストを行って決めたタンク内部の水を減らすという事は、排水管に汚物が残ってしまう可能性が高まります。便器を通過した汚物が排水管でいっぱいになるかもしれませんよ。

こんなに使っている人が多いのに驚きます。中にはペットボトルと レンガと この節水弁を併用している強者もいるようです。

この苦労は、節約という形ではなく、トラブルという形で返ってくるでしょう。

混乱させてしまうかもしれませんが、正確な記事にしたいので、敢えて書くことにしました。例えば、便器を通過したらすぐに縦排水になっているケース(マンションなどで、便器の後ろに排水管を接続している場合)では、この節水は効果的な場合もあります(トイレの室内に縦管が、ある場合は水の力が無くてもストンと落ちる為)が、建物によって排水経路はどうなっているか分かりませんので、やはりトイレタンク内部の水は減らしたりしない方がいいでしょう。

正しい節水

節水がテーマなのに、タンク内部の水を減らすなと言われると、何をすればいいか分からない方もいらっしゃると思います。いやいや1つだけ、節水する方法があります。

トイレレバーの大小を使い分ける

トイレレバーの大小の写真

ここまで見ていただいて、なぁ~んだと思われるかもしれませんが、トイレの節水はこの1択しかお勧めできるものはありません。

便をしたときは、便を最後まで流し切るために大をながす必要がありますが、小便は水分です。小便の時だけ、流す水の量を減らすように気をつけるだけですが、案外、節水弁をつけていたりするご家庭でも、小便なのにレバー大で使用している方は案外多いです。矛盾してますよね^^;

プラスアルファのトイレ節水方法

ここで終わってしまうと、時間を使ってみていただいた人をガッカリさせてしまうかもしれませんので、もう一つ検討しておきたい節水方法をお伝えします。

便器を節水タイプのものに交換する

節水の為に便器を交換する?何を言ってるの?と思われそうだが、大真面目である。

目的:大幅な節水と修理費用の節約

トイレタンクの大きさ

20年前のトイレと、現在のトイレとでは、タンク内部に貯水されている水の量そのものが かなりの差がある。

従来形便器の場合、タンクの貯水量は13リットルから、16リットルが一般的ですが、現在の節水型便器になると、その貯水量は4.8リットルしか貯水しない。仮に、13リットルタンクと4.8リットルタンクで比較すると、8.2リットルもの差が生まれる。

年間ではどの位の使用水量になるか換算してみると、

  • 13リットルタンク4人家族の場合の年間使用水量は、75920リットル
  • 4.8リットルタンク4人家族の場合の年間使用水量は、24090リットル

なんと年間で5万リットルもの差がでることになる。

現在、一般家庭で水道使用量が一番多い場所に上げられるのがトイレですが、この節水型便器が一般的に普及すれば、この不名誉な1位は、お風呂に譲ることになるだろう。

1リットルのペットボトル8本の絵

節水タイプの便器になると、今使っている便器よりペットボトル約8本も何もしなくても節水できる。

トルネード式の便器の写真

便器そのものの形状を、トルネード式に変化させ、渦を巻かせることで、たった4.8リットルの水量でも便を10m以上流してしまうのである。これだけの技術の進化は、流石メイドインジャパン。外国人が日本のトイレを絶賛するもうなずける。(綺麗という意味でだが、この技術力を知ればさらに絶賛することでしょう。)

では、具体的に節水量の違いにより、どれ位の水道料金に違いが出るのか見てみよう。

節水できる水道料金

従来型便器と節水型便器の水道代の比較

こちらはTOTO調べの従来型便器と節水型便器の水道料金の比較になります。

  • 13リットルタンク4人家族の場合の2カ月間 使用水道料金は 20,119円
  • 4.8リットルタンク4人家族の場合の2カ月間 使用水道料金は 6,384円

と、2カ月間に約 1万4千円の差が出る。10年で見ると7万円もの差が出る。

修理にかかる費用も考える

便器は割れたりしない限り、ずっと使えるものではありますが、タンク内部の部品は常に水に浸かっており、劣化するのが通常であるため、10年~20年使用すると普通、修理交換が必要になるケースがほとんどです。

また、トイレは目に見える部分以外にも、便器と排水管を繋ぐフランジや、防水Pシールなど劣化する部分があります。

フロートバルブやボールタップの修理交換では、便器交換など お勧めしませんが、フランジや、防水Pシールなど便器を外さないといけない位の修理になった場合、思い切って便器を交換したほうが経済的になることもある。というのも、一部だけ修理してもほかの部品も古いため、すぐ修理が必要なケースもあるからだ。

節水水道料金 + 修理費用で考える

節水便器に変えた場合、10年間で最低 7万円の 20年では、14万円の節約になる。これに不要になる修理費用を含めると、15~17万円以上の節約になりますので、便器交換してもお釣りが来てしまうことになる。(便器タイプによる)それだけではなく、汚れた便器が新しくなるので気持もいいものです。

防水pシールのトラブルの写真

以上の事から、トイレで大きな修理が必要になった場合、思い切って節水形便器に交換することも検討しておきたい。こちらは、防水Pシールが効いていない為、便器と床の間から水漏れを起こしたところです。

さらに節水

節水ECO3.8リットルボタンの画像

節水型便器に変更した場合でも、大小レバーを正しく使い分けることで、さらに節水が望める。節水型便器の小はたった3.8リットルしか使用しない。

この記事のまとめ

トイレで出来る節水の中で、正しい節水、間違った節水があることは ご理解いただけましたか?後半は、疑問を持った方もいらっしゃるかもしれませんが、長期的な目で見た時の、水道屋ならではのお得になる方法を紹介しました。必ずやらないと損だと勧めるものではありませんが、修理を検討する場合の一考(選択肢の拡大)にしていただけたら、要らぬ出費を抑え、思わぬ節約ができて良いかなと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
水道料金
ウォーターワークス

コメント

トップへ戻る