水道屋に聞く、意外と知られていないトイレつまり3つの予防法

シェアしていただけると励みになります!

トイレ詰まりの予防方法

このページをご覧の方はきっと、不注意から起こったトイレつまりのトラブルを経験したことが有り、今後トイレを詰まらせたくない方がご覧になっていると思います。トイレつまりには経年劣化などで発生するトイレつまりから、少しの不注意で発生するトイレつまりがあります。経年劣化などは防ぎようがありませんが、不注意によるトイレつまりは、少しの注意で予防することができます。今後、トイレつまりを起こさせないためにも、一般の方は意外と知らないトイレつまりの予防法をまとめています。

SPONSORED LINK
アドセンス
ウォーターワークス

予防法1.トイレに流す物に注意

予防法1.では、これを流すと即座に詰まります。というものではありません。詰まった時のことを考慮して流さない方が良いものと、流して良いものをまとめています。

・ティッシュペーパーは流さない

ティッシュペーパーの使用で即座にトイレが詰まりますという訳ではないですが、詰まった時の事を考えて流さない方がいいでしょう。

こちらはティッシュペーパーを1枚だけ1時間、水に浸けて引き上げた写真です。原型はそのままで溶けていません

ティッシュペーパーを一時間水に漬けた状態

意外とティッシュペーパーは流れると思っている方は多いのではないでしょうか?確かに何も問題がなければ、流れることの方が多いでしょう。が、1枚でも溶けないので、複数枚の使用となると何かの拍子に詰まった場合には当然、水だけでは溶けてくれません。

・流せる商品は流さない

  • 流せるお掃除シート
  • 流せる赤ちゃんのお尻拭き
  • 流せるお掃除ブラシ
  • 流せるペットの砂

こういうと、「流せるって書いてあるから流しているのに」という声が聞こえてきそうですが、流れない訳ではありません。流れます。

以前は、流せるブラシが便器内部で引っかかっていることがよくありました。トラブルが多かったのでしょうか、現在は柔らかくフニャっとした紙に変更されています。それでもトイレには流さない方が良いでしょう。

理由はティッシュペーパーと同じです。違うのは、流せるシリーズはティッシュペーパーより厚手です。1枚の重さも有りますので、複数枚使用されている場合、排水管に留まっているのを良く見ます。便利ですし、決して流せるシリーズを使用するな!と言っている訳ではありません。使用した後はごみ箱などに捨てるほうが良いと思います。各商品を開発しているメーカーさんにケンカを売っている訳ではありませんので、お許しください。

ただ、流せるペットの砂は絶対流さないほうがいいです!流れます。流れますけど、詰まった場合、排水管内部でパンパンになって修理作業も本当に大変です。

・流して良いものは?

では、流して良いものは何?と聞かれると、便以外ではトイレットペーパーのみにしてください。勿論、トイレットペーパーでも大量に流し過ぎるとトイレは詰まります。でもウォシュレットが開発されてから、このトイレットペーパーのみのトイレつまりは劇的に減りました。ウォシュレットを使用することで、トイレットペーパーの使用量が減ったことが理由だと思います。トイレットペーパーを使いすぎるという方は、ウォシュレットの使用をお勧めします。紙が減るだけではなく、一度使うとやめれませんから。^^

話が少しそれましたが、ティッシュペーパーと同じようにトイレットペーパーも水に一時間、浸けてみます。

トイレットペーパーを水に1時間漬けた状態このようにトイレットペーパーは水に浸かってるだけで、和紙を漉く前のような状態に溶けてくれます。トイレットペーパのみでトイレが詰まった場合、少し時間を置くだけで、自然解消してくれることもあります。トイレに流すからトイレットペーパー。当たり前ですが、納得の名前です。お勧めのトイレットペーパーはダブルよりシングルの方がおすすめです。理由は、詰まった時に溶けてくれやすいからです。

異物を流さない

こちらは、詰まりの直接の原因になるものをまとめています。

・トイレをスッキリさせる

スッキリさせるというのは、できるだけトイレの中には何も置かないということです。よくある異物混入を見てみましょう。

トイレタンクの上に物を置かない

  • カウンターに置いていたおもちゃ
  • トイレタンクに置いていた芳香剤のフタ
  • 棚上に置いていた生理用品
  • 壁に掛けていたタオル

など、落下する恐れのあるものは置かないようにすることでトイレの詰まりは予防できます。スッキリさせるというのは、生活環の無いモデルルームのようなトイレをイメージすると分かりやすいと思います。どうしても殺風景で、折角カウンターがあるんだから何か飾り付けなどしたいという方は、便器の排水口よりもできるだけ大きい物を飾り付けるようにすればいいと思います。

トイレの排水口の写真

そうすることで、もし便器に物を落下させても流れていくことはありませんので安心です。

・トイレに物を持ち込まない

小さなお子さんがいらっしゃる家庭に多いのが、おもちゃを流してしまうトラブルです。携帯電話を流してしまうというのも、トイレでゲームをして居る時に落としてしまったという原因が多いです。トイレではあそびやゲームをしない!っていうルールを家庭内で作っておけば、トイレつまりの予防になるでしょう。

・気付かず流してしまうものに注意する

意外と多いのが、冬場に背中に貼っていた使い捨てカイロや、農作業後に後ろのポケットに入れていた軍手などを流してしまうというトラブルです。このトラブルは、便器から出てきたカイロや軍手などを見て、「あーこれが原因かー」ってなられる方が多いです。トイレに入るときには全裸d・・・いや、落ちないものがないか自分の体にも注意してください。

節水はしない

節水に反対している訳ではなく、どちらかといえば節水推奨派なのですが、トイレの節水は慎重に考えなければいけません。それぞれの便器には決まった流水量があります。テレビなどで見かける節水術は、はっきりいって間違った情報です。例えば、使用水量を減らすために、ペットボトルやビール瓶をタンクに入れたり、フロートバルブに重りをつけて水の量を減らす節水弁などは使用しないでください。間違いなく詰まりやすくなります。節水するのであれば、便器自体を節水エコタイプの物に変更することをお勧めします。

以上、トイレつまり3つの予防法を見ていただきました。これを実践していただくことで、不注意によるトイレつまりは、ほとんど無くなるはずです。長文失礼しました。最後まで読んでいただき、ありがとうございます^^

SPONSORED LINK
アドセンス
ウォーターワークス
楽天336×280

シェアしていただけると励みになります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

トップへ戻る